ジンベエザメ<巨大なサメ<サメの仲間水族館動物写真図鑑WEB水族館 全国水族館ガイド

全国水族館ガイドTOPへ
動物写真図鑑TOPへ
水族館に出かけよう。
WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
水族館に出かけよう
2007年の注目水族館
2005年の注目水族館
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
メディアで紹介した水族館

LINK
水族館調べにお役立ちのサイト



ジンベエザメと会える水族館

ジンベエザメ 甚平鮫
テンジクザメ目ジンベエザメ科/全長5〜8m(自然界では20m)
ジンベエザメの写真/沖縄美ら海水族館
(撮影地:沖縄美ら海水族館)
ジンベエザメは世界最大の魚類、成長すれば全長20mにもなる。ジンベエザメはシャチとともに水族館・動物園で見られる最大の生き物なのである。
この巨大魚に魅せられたのが日本の水族館。世界で初めてジンベエザメの飼育に成功し、2005年まではジンベエザメを飼育する世界でたった3つの水族館がすべて日本国内にあった。
魚類最大のジンベエザメと哺乳動物最大のシロナガスクジラに共通するのは、プランクトンを餌にしていることだ。ジンベエザメが食べるプランクトンはオキアミや小魚の大群だが、飼育下では、ミンチ状に刻んだエサも与えている。
尚、ジンベイザメではなくジンベエザメが正しい。
ジンベエザメに会える水族館
=写真はクリックで拡大します
ジンベエザメに会うのに特にオススメなのは、世界最初にジンベエザメの飼育を成功させ、今では複数の巨大ジンベエザメを展示する沖縄美ら海水族館。世界最大級の巨大水槽では、ジンベエザメが水中で直立してプランクトンを吸い込む生態を見ることもできる。
沖縄美ら海水族館のガイドへ
ジンベエザメの写真/沖縄美ら海水族館
写真クリックで拡大
ジンベエザメの写真/沖縄美ら海水族館
ジンベエザメ3尾が通り過ぎる様は圧巻。それぞれが7m前後の巨体だ。
ジンベエザメの写真/沖縄美ら海水族館
エサを食べる時には立つジンベエザメ
海遊館(大阪府)
本州で唯一、ジンベエザメの勇姿と会えるのは大阪の海遊館。美ら海のジンベエザメに比べると小振りだが、それでも4mはゆうに超える。目の前を通過するので、さらに巨大に見える。
何代も入れ替わって1尾か2尾のジンベエザメを展示。オスが海(カイ)くん、メスが遊(ユウ)ちゃんと決まっているが、2008年9月現在、どちらもオスのため後からやってきた方は大(ダイ)くんと名付けられた。
ジンベエザメの写真/海遊館
海遊館のジンベエザメはとても近いので大迫力
ジンベエザメの写真/海遊館
夕方から水中の色が変化し幻想的になる
いおワールドかごしま水族館では、25m×15m×深さ5mの巨大な水槽でも、ジンベエザメを大きくなるまで飼育するのは無理と考え、飼育しているジンベエザメの全長が5.8mになると海へ帰すという飼育方法を取っている。
ジンベエザメの写真/いおワールド かごしま水族館
かごしま水族館のジンベエザメ