カスピカイアザラシ<アザラシの仲間水族館動物写真図鑑鰭脚類WEB水族館 全国水族館ガイド

全国水族館ガイドTOPへ
動物写真図鑑TOPへ
水族館に出かけよう。
WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す

LINK
にっぽんのマーケター2017年7月
マーケターの企み「中村元さん、水族館プロデューサー
文春オンライン2017年7月
中村元の『水族館哲学』から紹介します
モーニングショー「聞きトリ」2017年7月11日
水族館プロデューサー斬新アイデア
マリンガーデン、リニューアル物語(アニメ)


カスピカイアザラシと会える水族館

カスピカイアザラシ
アシカ亜目(鰭脚目)・アザラシ科・ゴマフアザラシ属/体長120cm前後 体重60kg前後
カスピカイアザラシの写真/鴨川シーワールド
(写真:鴨川シーワールドのカスピカイアザラシ)
カスピカイアザラシは内陸のカスピ海に生息するアザラシで、バイカルアザラシとともに最も小さいアザラシの一つ。カスピ海が海と名付けられているのは、淡水ではなく塩湖であるためだ。世界で最も大きい湖で、面積は日本の国土と同じほどもある。
カスピ海には、チョウザメなどの水産資源が豊富で、それらの魚類とともにカスピカイアザラシもなんらかの理由で陸封されたものと考えられているが、なぜ陸封されることになったのかは謎だ。
カスピ海の周辺には油田があり、日本企業も関わる油田がカスピ海の汚染に関与し、カスピカイアザラシやチョウザメの大量死を招いているとされている。
バイカルアザラシに会える水族館
カスピカイアザラシは、現在鴨川シーワールドでのみ飼育されている。
鴨川シーワールドでは、世界で2例目となるカスピカイアザラシの繁殖に成功したが、母親が授乳せず飼育係が授乳して育てた。(1歳2ヶ月で死亡)
=写真はクリックで拡大します
カスピカイアザラシの写真/鴨川シーワールド
スン詰まりの体型(鴨川シーワールド)
カスピカイアザラシの写真/鴨川シーワールド
顔は少し扁平(鴨川シーワールド)