ラッコの道標<水族館の本WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
マイトリップ2016年6月
旅のランキング:中村元おすすめ!目的別「水族館ランキング」

LINK
にっぽんのマーケター2017年7月
マーケターの企み「中村元さん、水族館プロデューサー
文春オンライン2017年7月
中村元の『水族館哲学』から紹介します
モーニングショー「聞きトリ」2017年7月11日
水族館プロデューサー斬新アイデア
マリンガーデン、リニューアル物語(アニメ)



ラッコの道標

 著者 中村 元
 出版 パロル舎 2000年10月刊 190ページ・1,680円(税込)

  Amazonで購入する

日本の水族館にラッコが現れたとき、それまで誰も知らなかったラッコのあまりの魅力に、日本は大ラッコブームとなりました。お茶の間のテレビや雑誌でラッコを見ない日はなく、水族館の入館者数は倍増。それは空前の動物ブームを引き起こし、やがて水族館の建設ブームへの幕開けへと繋がったのです。
筆者の中村元はその当時、鳥羽水族館の企画室長。ラッコブームの仕掛け人でした。ラッコは、筆者の人生や考え方も変えていきます。そんなラッコの愉快な生態や性格、そして人の欲望によって被ったあまりにも悲しい歴史などを通して、中村は「価値観」について語ります。
自然科学とは一味違った、中村元のパロル舎動物シリーズの第3弾です。
ラッコの道標|水族館の本/WEB水族館
中村元のパロル舎動物シリーズ
 『人魚の微熱』 ジュゴンをめぐる愛とロマン
 『生きる者の哲学』 アシカの子育て作戦
 『ラッコの道標』 ラッコが教えてくれた多様な価値観

目次

プロローグ:ラッコはラッキョ? (→立ち読みができます
I . ラッコが日本にやってきた
・ラッコとの出会い
・銀色ラッコのなみだ
・ラッコって何者?
・道具を使うラッコ
・ラッコのハンドパワー
・大の字で眠るラッコ
II . ラッコの文化、ヒトの価値観
・ラッコはグルメ?
・ラッコの文化
・貝割りコタロウ風
・ヒトの価値観
III . いたずラッコ、日本上陸
・鳥羽にラッコがやってきた
・モコモコ、エミ、プック、コタロウ
IV . ラッコの赤ちゃん誕生
・赤ちゃん、突如現れる
・母親の母性本能
・水族館を変えたラッコ
V . いたずラッコのコタロウ
・動物の子供は好奇心が強い
・プールを壊すのは何のため?
・エサでメスを誘惑
・ラッコの理解度
VI . ラッコの子育て
・ラッコの母さん大奮闘
・ラッコのコミュニティー
・母親教育ママになる
・過保護なラッコ
VII . メスたちは操を立てたのか?
・父親になれなかったコタロウ
・オスを選ぶ基準
VIII . ラッコの毛皮
・和名はラッコ
・鳥羽から出ていたラッコ船
・商品としてのラッコ
・水族館のラッコも商品?
・益獣と害獣
・帰ってきた日本のラッコ
プロローグ
ラッコはラッキョ?

今時、ラッコを知らないという方はそう滅多に見られるものじゃない。少なくともこの本を開いている方なら、ラッコがどんな動物なのかよくご存知のはずだし、およそラッコが好きでなければだれがこんな本読んでくれるものかとも思う。
いや、まったくありがたい。ラッコのおかげで私はこの本を書くことができ、ラッコのおかげで読んでくれる方だっている。だいたいそれ以前に、三重県の端っこにある鳥羽水族館が今、超水族館として有名なのも、ラッコで有名になったおかげだったのは間違いない。その証拠に鳥羽水族館のトレードマークは今もラッコのイラストである。

今やラッコといえば、たいていの水族館に行けば、まず会うことの出来る動物。
動物園にチンパンジーがいるのが当たり前のように、水族館にはなくてはならない人気者。そう、ちょっと前までは、コアラと人気を二分する国民的アイドルでさえあったのだ。
しかし、そのちょっと前のさらにほんのちょっと前といえば、ラッコの存在を知っている日本人はたいへん少なかった。 いやいや、たいへん少なかったというのはまだ控えめすぎるというものだ。今から20年ほど前までは、つまり鳥羽水族館にラッコがやってくるまでは、ラッコのことを知っている日本人なんて、よほどの変わり者か相当特殊なヒトだったのだ。

鳥羽水族館にラッコがやってきた1983年のこと、広報を担当する企画室を設立したばかりの私は、勢い勇んでマスコミ関係の知り合いに電話をかけまくった。自分の目を信じて疑うことのない純真な27歳である。こんなに可愛くて面白い動物がマスコミで取り上げられなかったら嘘だと思っていたのだ。
ところが、私の純真とは裏腹に、ラッコなんてだれも知りはしなかった。それどころか誰にも想像さえもつかなかったようだ。
東京のある雑誌社の友人、そいつは東京生まれのくせに、テンションが上がるとヘンな大阪弁を使う。「えっ?ラッキョでっか?なんや臭そうでんな」と来た。

なんとラッコをラッキョと間違えているのだ、しかもラッキョとニンニクまでもごっちゃになっている。「あほう!臭いのはニンニクだろうが、このスコタンが!」と心の中で怒鳴りながらも、「いやいや、ラッキョじゃなくてラッコ。海獣の仲間でさ、お腹の上に石置いて貝を割るやつよ。それがさあ、クルクル回ったり頭かいたりしてめちゃくちゃ可愛いわけよ、これが・・・・」と説明する私。
すると今度は「へーっ!くるみ割り人形みたいでんな。けどクルクル回ったり頭かいたりって、よっぽど痒いんかいなあ、ちょっと臭そうなくるみ割り人形ですなあ」と来たもんである。どうやら彼はもう、「ラッキョが臭い」の世界から離れることができなくなっているようだ。
「いや、そうじゃなくてね、アラスカから来た哺乳動物で、とにかく可愛いの。そうそう、写真とビデオ送るからさ、とにかく見てよ。ぜったいビックリするから」頭が痛くなりかけた私は、そのけったいな大阪弁を使う東京人の電話を切った。

どこに電話しても、万事がこの調子である。 大衆に情報を送るマスコミの人間がこのていたらくだから、ほとんど全ての日本人にとって、ラッコとは、動物であるということさえも知られていないほどの、極度にマイナーな存在だったことは間違いない。
しかしよく考えてみれば、小学校時代には野球よりも図鑑の方が好きだったと自認する私にしてから、ラッコという動物を知ったのはそれが初めてだった。ましてやそんな動物が太平洋を挟んだアメリカの西海岸に住んでいて、そいつらはお腹の上で石をつかって貝を割って暮らしているのだなんて言われたら、誰だってあせるに違いない。
もちろん鳥羽水族館のスタッフもほとんど誰も知らなかったし、何を隠そう、うちの館長だって、ある日テレビで観てびっくり仰天したという逸話が残っているほどだから、まあ普通の日本人が知っていることの方がおかしいのだ。

鳥羽水族館にラッコがやってきたということ。それはもう、ラッコという動物がそれまで地球上に存在しておらず、神さまが気まぐれで突然創造めされて、鳥羽水族館にいきなりデビューしたというようなものだったのである。
でも、ラッコがこの地球にずっといたのは間違いないのだ。そのうえ、ラッコという名前は英名でもラテン名でもなく、海獺や猟虎という漢字まであるれっきとした日本語による和名だ。もともとはアイヌ語でそう呼ばれていたということまで分かっている。かつて日本人にとっても、名前が必要なほど身近だった動物が、なんらかの理由で忘れ去られ、名前さえも死語となってしまっていたというだけの話しなのである。

そんなことはヒトの社会では珍しくもなんともない。私の世代なら誰でも知っているトラをバターにしてしまったチビクロサンボの勇気が、不思議な理論によって消し去られてしまったように、ラッコの興味ある生態は、その生態とはまったく別の理由によってどうでもよくなってしまうものなのである。

ヒトの価値観は、モノの本質とは関係なく一方的に変化する。この本では、運良くラッコと会うことの出来る時代に生まれた日本人の一人として、ラッコの歴史や暮らしを考えながら、ラッコが日本の水族館や日本人に与えた変化、そしてヒトと動物たちのさまざまな価値観についてお話ができればと思う。


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。