常識はずれの増客術〜集客15倍増!弱点があるからこそビジネスは進化する!〜<水族館の本WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
水族館に出かけよう
2007年の注目水族館
2005年の注目水族館
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
メディアで紹介した水族館

LINK
水族館調べにお役立ちのサイト



常識はずれの増客術 [講談社+α新書]
〜集客15倍増!弱点があるからこそビジネスは進化する!〜

著者:中村 元(口述)
刊:講談社
2014年11月刊/208ページ/840円

  Amazonで購入する

この本は水族館の本ではありません。水族館プロデューサー中村元が、魅力ある水族館づくりと集客増を実現するために何を大切にしているかを表した本です。『弱点を武器にすることで進化し、スタッフの意識が変わることで新たな発想が生まれる』。中村元の長時間に渡る口述を構成ライターが書き起こしました。
水族館リニューアルという巨大な商品開発の裏側をたどりながら、業界の常識を覆し水族館を進化させてきた技術のみならず、自ら弱者と語る中村元の人生のたどり方までも解き明かします。
常識はずれの増客術〜集客15倍増!弱点があるからこそビジネスは進化する!〜|水族館の本/WEB水族館

目次

序章 集客力を上げるにはコツがいる
第1章 オトナ向けにリニューアルして大成功! 常識を覆した「サンシャイン水族館」
第2章 「闘うワークショップ」で、スタッフの力を150%引き出す!
第3章 田舎の弱点を強みにして集客数を15倍に上げた「北の大地の水族館」
第4章 「業界発」の仕掛け、宣伝力で知名度をアップさせた「鳥羽水族館」
あとがき 中村 元
中村元による「あとがき」

 天才でも秀才でもない。出自にも強運にも恵まれてない弱点だらけの人が、困難なプロジェクトを成功させることができるだろうか? もちろんできる、世の中そんな例ばかりだ。弱点と困難こそが“進化”をもたらす最大のアイテムなのだから。

 野性のアシカの子どもたちを観察するのが好きだ。アシカの子たちは同年生まれの小さなグループで、逆に私を観察しにやって来る。たいてい一列になって、先頭は身体も大きく好奇心と自信に満ちた顔のガキ大将、ドラえもんのジャイアンタイプだ。そのうしろに続くのは、頭が切れそうで絶えず注意を怠らない秀才、出来杉くんタイプ。そして最後におどおどと付いてくるのが、身体も小さく見るからに臆病な、われらがのび太タイプだ。
 アシカは一頭のオスが複数のメスを独り占めするハーレム形式で子孫を残すから、とうぜん、ドジで間抜けなのび太アシカはハーレムの主にふさわしくない。生まれた直後から落ちこぼれのアシカ人生を歩み始めているというわけである。
 しかしだ。もしのび太アシカが子孫を残せないのなら、なぜアシカ社会にのび太アシカが生まれてくるのだ? その理由はおそらく、アシカの子たちが海に入って泳ぎ始めるころ、ホホジロザメが彼らを狙ってやってくることがあり、とりわけ数が多く危険な時代では、臆病でなかなか海に入ることのできないのび太アシカにこそ生き延びるチャンスがあるからだ。
 アシカの社会では、時代や環境によって生き残るタイプが違う。つまり、それぞれのタイプの能力を存分に発揮した者にだけ、生き残るチャンスがあると言っていい。

 アシカ社会よりも複雑なヒト社会ならば、そのチャンスはどこにでもある。大切なのは、弱点を克服することではない。自らの弱点を生かすことのできる場所や方法を、いかに見つけるかなのだ。もし、どうしても見つけられなかったら、チャンスを自分でつくることができるのもヒト社会である。弱点と困難は、わたしたちに進む道を示してくれるのだ。

 本著はどうやら水族館の成功マニュアル本ではない。天才でも秀才でもない弱点だらけの私がどうやって生きているのかが紹介された本である。そんな弱者の生き残り本を刊行したいと企画してくれた講談社の灘家薫氏、そして私の非常識な勝手理論に長時間付き合い、一冊にまとめていただいた牧野容子氏に、あらためて深く感謝を申し上げる次第である。


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。
amazonで買う 立ち読みする 中村元の全国水族館ガイド115