マリンワールド海の中道<福岡県の水族館九州・沖縄の水族館WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
マイトリップ2016年6月
旅のランキング:中村元おすすめ!目的別「水族館ランキング」

LINK
にっぽんのマーケター2017年7月
マーケターの企み「中村元さん、水族館プロデューサー
文春オンライン2017年7月
中村元の『水族館哲学』から紹介します
モーニングショー「聞きトリ」2017年7月11日
水族館プロデューサー斬新アイデア
マリンガーデン、リニューアル物語(アニメ)



マリンワールド海の中道
対馬暖流をテーマにした巨大水族館

マリンワールド海の中道の写真
パノラマ大水槽。照明を落とした吹き抜けの空間いっぱいに広がる水槽。カタクチイワシの群がきれい。サメだけでなくエイの大物とウミガメにも注目。

九州で最も大きな巨大総合水族館で、「対馬暖流」をテーマに熱帯から温帯、寒帯の海の仲間たちを展示する。
館内には、楽しませてくれる仕掛けが多い。トンネル水槽のゲートをくぐると、床の穴からチューブの水槽が突き出ている。下の階から2階分のフロアを吹き抜けになっている水槽だ。直径3m弱に対して深さが10mもある。
そして、シースルーエレベーター。透明のエレベーターで海の中へという、子どもが絵に描くような夢が水族館の中で実現されているのが、単純に面白くてワクワクする。
エレベーターで下りてきた海「パノラマ大水槽」は、幅24m深さ7mの水槽だが、実際の大きさよりもはるかに大きく感じる。視覚的には美ら海水族館の巨大水槽と遜色ない。この水槽に、3mを越えるシロワニが何頭も入っていて、イワシの群をかき分けるようすは迫力がある。
海獣も楽しめる。博多湾をバックにしたイルカとアシカのショーは九州では最も華やか。他の海獣も、コビレゴンドウ、バイカルアザラシ、スナメリ、ラッコと、ちょっと意表を突かれる組み合わせだ。
マリンワールド海の中道の写真
パノラマ大水槽を悠々と泳ぐシロワニ。とても大きい。この水槽にダイビングをするプログラムも毎日行っている。ダイバーにオススメ(有料)。

姉妹サイト「ブログ水族館」での海の中道水族館の記事と写真
エビスザメ(09/12/12)
もののけ系(09/11/30)
うみなかキューブの新兵器(09/11/10)
うみなかキューブのアシカ(09/9/2)
宇宙戦艦シロワニ(09/5/27)
ぶっといアザラシ(バイカルアザラシ)(09/5/9)
カワイすぎるスナメリ(09/4/27)
うみなかキューブはスゴイぞ!(09/04/16)
水槽前ストリートライブ(07/9/4)
海の中道スクープ「ラッコが誕生」

マリンワールド海の中道の写真
イルカショーにはバンドウイルカとカマイルカが登場。後ろに見える海は博多湾。
マリンワールド海の中道の写真
大きなコビレゴンドウ。顔つきも体の大きさも、たしかにクジラがいるという存在感。

TEL 092-603-0400
住所 福岡県福岡市東区西戸崎18-28
URL http://www.marine-world.co.jp/
開館時間 9時30分〜17時30分(冬期は10時〜17時。夏休み期間は9時〜18時30分。詳細はHPで要確認)
休館日 なし
入館料 大人2100円、中学生1150円、小学生800円、幼児(4歳以上)550円
年間パスポート 大人3900円、中学生2100円、小学生1500円、幼児1000円
交通
電車: JR海の中道駅から徒歩7分
車: 福岡都市高速1号線香椎浜ランプから国道495号線、アイランドシティ経由で約15分
駐車場 あり

魚の目情報
博多湾と玄界灘を分けるように延びる大きな砂州が、通称「海の中道」。そこに整備された国営の海浜公園の中核施設だ。
問題はアクセスの悪さ。博多からJRで行くと、乗り換えに迷う上に本数も少ない。自家用車でない場合は、ベイサイドプレイスからの市営渡船か、シーサイドももちからのUMINAKAラインが便利。


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。