あわしまマリンパーク<静岡県の水族館東海の水族館WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
マイトリップ2016年6月
旅のランキング:中村元おすすめ!目的別「水族館ランキング」

LINK
にっぽんのマーケター2017年7月
マーケターの企み「中村元さん、水族館プロデューサー
文春オンライン2017年7月
中村元の『水族館哲学』から紹介します
モーニングショー「聞きトリ」2017年7月11日
水族館プロデューサー斬新アイデア
マリンガーデン、リニューアル物語(アニメ)



あわしまマリンパーク
自然いっぱいの小島に水族館

あわしまマリンパークの写真
オモチャのようなガラガラアマガエル。ガラガラ鳴くらしい。カエルコーナーの充実ぶりは最高!しかもなんと、このコーナーには入館券が必要ない!

西伊豆にぽかりと浮かんだ淡島、そこに水族館がある。スタッフが胸を張っておっしゃるには、「淡島周辺で採集した生物だけを展示しています!」とのこと。
淡島に渡れば、海にさっそくルリスズメの群れがいた。南の海から黒潮に乗ってやってきた死滅回遊魚だ。水族館ではそれらを採集して展示しているため、水槽はとてもカラフルで、まるで沖縄の海のよう。もちろん豊かな地元の海の生物もいて館内はとてもにぎやかだ。
また、ただ眺めるだけではなく、ヒトデやウニなどを触りながら飼育係が説明をしてくれる広いコーナー「ふれあい水槽」もある。外にはイルカとアシカのショープールもあり、島で一日楽しめる。
さてここに、種類日本一のカエルコーナーができた。見たこともない不思議なカエルたちがいっぱい!カエル嫌いでもきっと好きになれるはずだ。

現在50種で日本一のカエル展示
カエルにはまる[あわしまマリンパーク]

姉妹サイト「ブログ水族館」でのあわしまマリンパークの記事と写真
ウドちゃんアシカ(08/4/14)
カエル!カエル!サイレン!(08/4/12)
イシカワガエルにコケガエル(08/4/9)
アカホシカクレエビ(写真のみ)

あわしまマリンパークの写真
アカホシカクレエビ。このガラス細工のようなエビは、イソギンチャクやサンゴに住み、魚のクリーニングをする。
あわしまマリンパークの写真
富士山をバックに跳ぶバンドウイルカ。
最高の借景だ。

TEL 055-941-3126
住所 静岡県沼津市内浦重寺186
URL http://www.marinepark.jp/
開館時間 9時30分〜17時(入園は15時30分まで)
休館日 木曜(祝日の場合と、春・夏・冬休み期間、GWは営業)天候などにより臨時休園あり。
入館料 大人(中学生以上)1800円、小人(4歳〜小学生)900円
交通
電車: JR沼津駅から大瀬崎方面行きバス約30分、マリンパーク下車すぐ。
車: 東名道沼津ICから国道414号線、県道17号線などで約40分。
駐車場 あり

魚の目情報
島に渡るにはロープウエイと船の2通りがあって、どちらも同じチケットで使える。森から出てくるタヌキや、海岸の死滅回遊魚をお見逃しなく。ところでカエルのコーナーは島ではなく陸側の建物の中にある。実は無料で見学できるのだ。


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。