富士湧水の里水族館<山梨県の水族館関東の水族館WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
水族館に出かけよう
2007年の注目水族館
2005年の注目水族館
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
メディアで紹介した水族館

LINK
水族館調べにお役立ちのサイト



山梨県立 富士湧水の里水族館
冨士のふもとで透明な水塊に癒される

富士湧水の里水族館の写真
床は落ち着いた木のフローリング。魚たちが目の前に浮かび、水族館全体が水中であるかのように錯覚する。左の水槽は川の流れ。

不思議な透明感のある水族館だ。ここで日本の川の透明感を改めて感じた。スキッと光を通して冷たく光る青色こそが日本の清流の色。その透明感を浸透させているのが、中央にある巨大な透明のドーナツ型回遊水槽だ。ほとんど透明なアクリルでつくられている。大量の淡水が光を受けて青色に色づいた水塊に、渓流の魚たちが泳ぐ景観は、今までの水族館にない、なんとも言えない清涼感があった
展示はここにわき出す湧水を使い、日本の川で見ることの出来る魚に限っているが、水槽の作り方や見せ方の工夫が、観客を飽きさせない。

関東から近い、最もクールな涼感水族館。

姉妹サイト「ブログ水族館」での湧水の里水族館の記事と写真
涼な穴場2:森林浴+湧水

富士湧水の里水族館の写真
展示の仕方次第で、コイも野性の顔になる。
富士湧水の里水族館の写真
ヤマメ、このあたりはヤマメとアマゴの分布の境。

TEL 0555-20-5135
住所 山梨県南都留郡忍野村忍草3098-1
URL http://www.pref.yamanashi.jp/nouseibu/sakana/
開館時間 9時30分〜17時
休館日 火曜(祝日の場合は翌日)、12月28日〜1月1日、土・日曜を除く祝日の翌日
入館料 大人400円、小人(小・中学生)200円
交通
電車: 富士急行富士吉田駅から忍野行きバス約25分、山尾田下車すぐ。
車: 東富士五湖道路山中湖ICから約5分(または中央道河口湖ICから約20分) 。
駐車場 あり

魚の目情報
水族館は、忍野村の「さかな公園」の中にある。水遊びのできる人工の川や池があり、ちびっ子には楽しそうな公園だが、大人にも自然たっぷりの環境はとてもすがすがしい。デートのドライブで、思わぬ場所にある美しい水族館に入れば。。。かなりポイント高そう。


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。
amazonで買う 立ち読みする 中村元の全国水族館ガイド115