なかがわ水遊園<栃木県の水族館関東の水族館WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
水族館に出かけよう
2007年の注目水族館
2005年の注目水族館
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
メディアで紹介した水族館

LINK
水族館調べにお役立ちのサイト



栃木県 なかがわ水遊園 おもしろ魚館
心をくつろがせる川がある

なかがわ水遊園の写真
とても明るい現代水族館。水槽は外につくられて自然な雰囲気を満喫できる。目に優しいフローリングの床は、腰を下ろして観るのにもちょうどいい

豊かな自然が数多く残る那珂川(なかがわ)のほとり、水面に浮かんだような外観が斬新な近代的水族館。栃木県外では知られていないが、自然の光がふんだんに差し込む、くつろぎの川のある水族館だ。
那珂川の自然を紹介するゾーンでは、水槽を屋外に設置し、周りに本物の植物を植栽してある。そのおかげで、水槽の中へ木漏れ日や落ち葉が舞い落ちて、リアルでいい雰囲気を見せている。フローリングの床に腰を下ろせば、川の中に座っているような気分になれる。
南米アマゾンを中心とした世界の川のゾーンは、温室ドームをトップライトにしてあり、とても明るい。トンネル水槽から見上げるピラルクーの赤色がとりわけ色鮮やかに見えた。
なかがわ水遊園の写真
アユが縄張り争いをする水槽。

姉妹サイト「ブログ水族館」でのなかがわ水遊園の記事と写真
ピラルクー(写真のみ)

なかがわ水遊園の写真
巨魚ピラルクーを水中チューブから見上げる。天井から青空が見える。
なかがわ水遊園の写真
本邦初公開ミツバヤツメ。今までに、30個体しか見つかっていない超希少種。

TEL 0287-98-3055
住所 栃木県那須郡湯津上村佐良土2686
URL http://www.aqua.pref.tochigi.jp/
開館時間 9時30分〜16時30分(夏休み期間は〜17時)
休館日 月曜(祝日の場合は翌日)、毎月第4木曜、12月29日〜1月1日
入館料 大人600円、小人(小・中学生)250円
交通
電車: JR西那須野駅から小川・馬頭行きバス約35分、なかがわ水遊園下車(またはJR那須塩原駅からバス約1時間)。
車: 東北道西那須野ICから国道400号線で約40分。
駐車場 あり

魚の目情報
栃木県の施設なので、県外には知られていないのだけど、県外からもぜひ遊びに行きたい。最寄りの駅はとても遠いようなので自家用車がいい。


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。
amazonで買う 立ち読みする 中村元の全国水族館ガイド115