標津サーモン科学館<北海道の水族館WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
マイトリップ2016年6月
旅のランキング:中村元おすすめ!目的別「水族館ランキング」

LINK
にっぽんのマーケター2017年7月
マーケターの企み「中村元さん、水族館プロデューサー
文春オンライン2017年7月
中村元の『水族館哲学』から紹介します
モーニングショー「聞きトリ」2017年7月11日
水族館プロデューサー斬新アイデア
マリンガーデン、リニューアル物語(アニメ)



標津サーモン科学館
魚道を通る遡上サケに感動

標津サーモン科学館の写真
魚道水槽。遡上時期と稚魚の下降時期には、川と同じ条件で観察することができる。

道東でサケを見るなら、標津サーモン科学館。サケ科を中心に、サケの住む海や川に住む生物の展示がされている。観光名所などとしては取り上げられていないが、水族館自体は大きく立派で、北海道の自然を十分に魅せる施設。ぜひ立ち寄りたい。
超オススメなのが、標津川からの魚道が水族館の中まで引き込んであり、水槽を見る感覚で魚道を覗くことができる「魚道水槽」。夏にはサクラマスの、秋になるとシロザケやカラフトマスの遡上を、目の当たりにできるのだ。11月には産卵行動も観察できるらしい。

姉妹サイト「ブログ水族館」での標津サーモン科学館の記事と写真
サケの種類日本一(07/10/19)
乗り上げるサケ
サケ捕獲機

標津サーモン科学館の写真
階段状に川を表した展示があり、ここに白いイトウがいる。
標津サーモン科学館の写真
遡上してきたシロザケ、しきりにジャンプを繰りかえしていた。

TEL 0153-82-1141
住所 北海道標津郡標津町北一条西6丁目1-1-1 標津サーモンパーク内
URL http://www.shibetsu-salmon.org/
開館時間 9時30分〜17時(入館は閉館30分前まで)
休館日 5月〜10月は無休、2月〜2月と11月は水曜休(祝日の場合は翌日)、12月〜1月は休館
入館料 一般610円、高校生400円、小・中学生200円
年間券 一般2030円、高校生1010円、小・中学生500円
交通
電車: JR釧路駅から羅臼行きバス約2時間20分の標津バスターミナルで標茶行きに乗り換え約5分のサーモンパーク入口下車すぐ。
車: 釧路から国道272号線で約2時間。
駐車場 あり

魚の目情報
丘陵状になった北海道の川の展示は、フロリダのタンパ水族館を思い起こさせる。全館的にも、日本の水族館にはない雰囲気を持っている。
シロザケやイトウの泳ぐ大水槽前は、ギャラリーが階段状に広くとってあって、劇場鑑賞風の楽しみができる。時間をとってオススメだ。


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。