加茂水族館<山形県の水族館東北の水族館WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
水族館に出かけよう
2007年の注目水族館
2005年の注目水族館
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
メディアで紹介した水族館

LINK
水族館調べにお役立ちのサイト



鶴岡市立 加茂水族館 クラゲドリーム館
奇跡のクラゲ水族館で、身も心もいやされる

加茂水族館|WEB水族館
世界最大のクラゲ水槽。天界まで届くような浮遊感、この宇宙を観るためにだけでも訪れる価値がある。

2014年6月1日にグランドオープンした加茂水族館「クラゲドリーム館」。山形県の不便な場所で老朽化した旧館を、クラゲの展示世界一を目指すことで生き返らせ、ついに奇跡の建て替えリニューアルにまでこぎ着けた苦難の歴史はそれだけで感動の物語。そしてその不屈の闘志を象徴しているのが世界最大直径5メートルのクラゲ水槽だ。この水槽の前に立てば、浮遊感たっぷりのクラゲの宇宙に包まれて、全てのことが忘れられるほどに身も心も癒やされる。
クラゲ水族館の異名にたがわず、水族館の館内の半分はクラゲ、クラゲ、クラゲとクラゲの展示にあふれているが、もちろん普通の水族館と同じく、川から海の生物たちの展示も近代的な内容で展示がなされている。
特に地元の海や川の生物たちへのこだわりは強く、地元にいない生物は、ショーのアシカと海外のクラゲくらい。規模は小さいながらも日本海を代表する水族館の一つと言っても過言ではない。
加茂水族館ではレストランもぜひ楽しんで欲しい。クラゲを食べることで話題をふくらませてきた水族館らしく、クラゲ定食やクラゲラーメンなどクラゲものが勢揃い。とりわけクラゲアイスはおすすめ、クラゲのコリコリ食感がくせになる。

加茂水族館|WEB水族館
クラゲの種類は世界一。美しく可憐なクラゲたちを眺めていると、新しい価値観が生まれてくる。
加茂水族館|WEB水族館
日本で初めてオワンクラゲの発光展示に成功。ノーベル賞の下村博士の協力で実現したのは、クラゲへの情熱の賜と言える。
加茂水族館|WEB水族館
ベニズワイガニ。日本海の生物へのこだわりは強い。
加茂水族館|WEB水族館
ゴマフアザラシはとてもフレンドリー。手を振ると遊びにきてくれる。アシカショーもある。

姉妹サイト「ブログ水族館」での加茂水族館の記事と写真
加茂水族館、奇跡のグランドオープン6月1日(14/5/30)
可憐な生き物の接写(09/6/23)
中村元の水族館ナイト3:報告:サカサクラゲ(09/6/7)
水族館ナイト3、1週間前:パラオミズクラゲ、アカクラゲ、クラゲ定食(09/05/30)
アミとサケの大群(09/5/24)
オワンクラゲ光のメッセージ(09/5/5)
オキクラゲ[加茂水族館](08/5/7)
フウセンクラゲとシンカイウリクラゲ(08/5/5)
超デカクラゲ[加茂水族館](08/5/3)
加茂水族館ふたたび「クラネタリウム」
クラゲの宇宙

TEL 0235-33-3036
住所 山形県鶴岡市大字今泉字大久保656
URL http://kamo-kurage.jp/
開館時間 9時〜17時(夏休み期間は〜18時)
休館日 なし
入館料 大人1000円、小人(小・中学生)500円、幼児無料
交通
電車: JR鶴岡駅から湯野浜温泉行きもしくは油戸行きバス約30分、加茂水族館下車。
車: 山形道鶴岡ICから国道7・112号線で加茂港へ約15分
駐車場 あり

魚の目情報
加茂水族館のよみがえりの歴史は、名物館長村上龍男館長の人生でもある。HPにある「館長人情ばなし」を読んでみよう。


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。
amazonで買う 立ち読みする 中村元の全国水族館ガイド115