和歌山県立自然博物館<和歌山県の水族館関西の水族館WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
水族館に出かけよう
2007年の注目水族館
2005年の注目水族館
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
メディアで紹介した水族館

LINK
水族館調べにお役立ちのサイト



和歌山県立自然博物館
美しき沿岸生物たち

和歌山県立自然博物館の写真
黒潮の海は、幅が15m深さは4mほど。大きなロウニンアジの群れが壮観。
多くの水族館が、テーマを世界に広げ、人気のある海獣や外国の魚類をメインにしているのに対し、この館のテーマは和歌山の自然史。だから、水槽の中にいる生物もすべて和歌山県産に限られている。
しかし、それでも十分に見ごたえがある。なによりその美しさに感動する。それは、子どもの頃、水族館に初めて訪れたときのような新鮮な驚きだ。
広いギャラリーでくつろぎながら見る人の多い、ワイドな黒潮の海の水槽を抜けると、あとは沿岸の生物ばかりになるが、それこそがこの水族館の真骨頂。
とても気に入ったのが、のぞき込まねば見えないほど小さな水槽をたくさん並べた、その名も「いろいろな生物」というコーナー。いやこれが、ホントにいろいろいるのだ。すっかりはまってしまった。水槽を変えるたびに驚きと発見がいっぱいで、どこまでいっても飽きがこない。

姉妹サイト「ブログ水族館」での和歌山県立自然博物館の記事と写真
和歌山自然博の大水槽(08/10/30)
和歌山自然博の小窓(08/10/19)
サイケなベラ三昧(08/10/12)
和歌山県立自然博物館の写真
なんて可憐!ツノナガスナジャコ。
和歌山県立自然博物館の写真
オオカワリギンチャク、透き通るような黄色がきれい。
TEL 073-483-1777
住所 和歌山県海南市船尾370-1
URL http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/
開館時間 9時30分〜17時(入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜(祝日の場合は翌平日)、12月29日〜1月3日
入館料 大人460円(65歳以上及び高校生以下は無料)
交通
電車: JR和歌山駅・南海本線和歌山市駅から海南市方面行きバス約30分(またはJR海南駅から和歌山市方面行き約10分)、琴の浦下車すぐ。
車: 阪和道海南ICから和歌山市方面へ約10分。
駐車場 あり
魚の目情報
和歌山県には巨大水族館はないが、どこも無脊椎動物の展示はすばらしく、それぞれ天下無敵と言っていいほど。無脊椎動物好きならば、和歌山県の水族館巡りは超オススメ。
中でも、この水族館は比較的交通の便がよい。


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。
amazonで買う 立ち読みする 中村元の全国水族館ガイド115