太地町立くじらの博物館<和歌山県の水族館関西の水族館WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
水族館に出かけよう
2007年の注目水族館
2005年の注目水族館
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
メディアで紹介した水族館

LINK
水族館調べにお役立ちのサイト



太地町立 くじらの博物館
捕鯨のまちの、ヒトとクジラの博物館

※現在、シャチはいません。

太地町立くじらの博物館の写真
自然の入り江でジャンプするシャチに本物の存在感。
水族館の仕事をしていようと、野生生物の保護が大切だと説いていても、ヒトは他の命を食べなくては生きていけない。だから、いただける肉ならクジラの肉でもいただく。そんなヒトと野生生物の複雑でシンプルな間柄を形にした博物館。
太地は日本の捕鯨発祥の地であり、捕鯨に関わる民族歴史系博物館に併設した形で水族館がある。
水族館の大部分を占めるのは、リアス式海岸の入り江を網でしきってあるだけの、実に素朴な自然のプール。この開放感あふれるプールに、バンドウイルカ、オキゴンドウ、ハナゴンドウ、そしてシャチがいる。開放的でゆったりとした海の時間を過ごすことができる。

姉妹サイト「ブログ水族館」での太地町立くじらの博物館の記事と写真
腹びれイルカ(08/10/07)
太地町立くじらの博物館の写真
トンネル水槽のアクリル部分がとても長い。アジの群がきれいだ。
太地町立くじらの博物館の写真
この大きな入り江が全て、くじらの博物館だ。
TEL 0735-59-2400
住所 和歌山県東牟婁郡太地町大字太地2934-2
URL http://www.town.taiji.wakayama.jp/museum/
開館時間 8時30分〜17時
休館日 なし
入館料 大人1050円、小学生630円、幼児(3才以上)210円
年間パスポート 大人3150円、小学生1890円、幼児(3才以上)630円
交通
電車: JR紀伊勝浦駅から太地町行きバスくじらの博物館前下車すぐ。
車: 阪和道みなべICから国道42号線で約2時間30分(または伊勢道勢和多気ICから約3時間)。
駐車場 あり
魚の目情報
太地や勝浦では、鯨料理がわりあい簡単に食べられる。いにしえには「鯨一頭で七浦うるおう」と言われた。それほど巨大なタンパク源であり、漁民の貴重な換金源だった。


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。
amazonで買う 立ち読みする 中村元の全国水族館ガイド115