新潟市水族館 マリンピア日本海<新潟県の水族館北陸・信越の水族館WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
水族館に出かけよう
2007年の注目水族館
2005年の注目水族館
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
メディアで紹介した水族館

LINK
水族館調べにお役立ちのサイト



新潟市水族館 マリンピア日本海
太陽が沈む海、日本海を誇る

日本海大水槽は水量800t。エントランスの水面から降りきるとトンネルがついている。トンネルからはエントランスの灯りが幻想的だ。

エントランスに入ると、正面には広い水面だけが波打ち、その向こうの巨大なスクリーンに海に沈む夕日が、ゆらゆらと映った。そうだ、日本海の海は陽が落ちる海!これだけでもう感動する。水面は「日本海大水槽」の上部。アクリル面を、スロープで水底まで降りれば、水中トンネルもついていて、日本海を存分に楽しめる。
多彩な日本海の展示を過ぎると、信濃川の自然へと入る。40mも続く川のジオラマもいいが、カエルやイモリなどの小動物にも気を配っているのがいい。イルカショーもあれば、ラッコやアシカたち、そしてビーバーまでいるなんでもこいの水族館だが、それらと地元の展示のバランスがうまくとれている。新潟県の日本海や県土に対する誇りが、しっかり伝わってくる水族館である。

姉妹サイト「ブログ水族館」でのマリンピア日本海の記事と写真
バイカルアザラシとか…[マリピア日本海](08/5/29)
カナダカワウソ[マリンピア日本海](08/5/28)
イトヒキアジ/ターポン:ヒカリモノの撮り方(08/5/25)
日本海な水族館=マリンピア日本海(08/5/23)


バンドウイルカのショー。スタジアムからはプールの向こうに日本海が見える。

やっぱり日本海ならこれ!新潟県はズワイガニより深いところにいるベニズワイガニの産地。

TEL 025-222-7500
住所 新潟県新潟市西船見町5932-445
URL http://www.marinepia.or.jp/
開館時間 9時〜17時(7月25日〜8月31日は〜18時、1月2・3日は10時〜)
休館日 12月29日〜1月1日、3月の第1木曜とその翌日
入館料 大人1500円、小人(小・中学生)600円、幼児(4歳以上)200円
交通
電車: JR新潟駅からなぎさ荘・水族館行きバス約20分、終点下車すぐ
車: 北陸道新潟西料金所から約25分
駐車場 あり

魚の目情報
日本海の展示が充実、特にカニとエビには満足度が高い。正面からはあまりわからないが、かなり広い水族館で、たいていの見たい海獣もいる。


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。
amazonで買う 立ち読みする 中村元の全国水族館ガイド115