伊豆・三津シーパラダイス<静岡県の水族館東海の水族館WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
マイトリップ2016年6月
旅のランキング:中村元おすすめ!目的別「水族館ランキング」

LINK
にっぽんのマーケター2017年7月
マーケターの企み「中村元さん、水族館プロデューサー
文春オンライン2017年7月
中村元の『水族館哲学』から紹介します
モーニングショー「聞きトリ」2017年7月11日
水族館プロデューサー斬新アイデア
マリンガーデン、リニューアル物語(アニメ)



伊豆・三津シーパラダイス
海獣飼育の先駆け

伊豆・三津シーパラダイスの写真
水中のトレーナーとカリフォルニアアシカが、ほのぼの系の寸劇をしたり、シンクロ風スイミングを楽しむ。アシカはコミック芸という常識を破ったパフォーマンス
静岡県で最大の水族館。古くより海獣の展示とショーではとても有だ。日本に初めてラッコを入れたのはこの水族館だし、セイウチの飼育もここが初めてだったはず。
海獣のパフォーマンスも、お家芸だ。鯨類は2カ所で、オキゴンドウ、バンドウ、カマイルカたちが、パフォーマンスを見せてくれる。巨大なシャチのパフォーマンスもある。
アシカたちのパフォーマンスも特筆モノ。一時期は吉本と漫才アシカショーもやっていたメインのショーは、トドに追いかけられるトレーナーなど楽しいお笑い系。
しかし新しいタイプのショーも始まっていた。女性トレーナーとアシカによる、プールの中でのパフォーマンスだ。まるでヒトとアシカがシンクロナイズドスイミングをデュエットで演じているかのように、心が癒される。
伊豆・三津シーパラダイスの写真
シキシマハナダイの性成熟したオス。色合いといい丸みといい、とてもキュート。水族館ではあまり見ない。

姉妹サイト「ブログ水族館」での伊豆・三津シーパラダイスの記事と写真
空飛ぶ団子:ナメダンゴ・オイランヨウジ(09/1/12)
三津シーの鰭脚類(08/12/4)
三津シーのラッコ(08/11/26)
三津シーパラの水槽は色がきれい!(08/11/17)
三津シーパラのアブナイ面々(カエルアンコウ、タマカイ、ナポレオン、ナースシャーク)(08/11/16)
トレーナーの笑顔(08/11/13)
カマイルカのバブルリング!『天使の輪』(08/11/12)
シキシマハナダイ(08/11/07)
クルマダイ(写真のみ)

伊豆・三津シーパラダイスの写真
ソフトコーラルの水槽もよく手入れがされていてきれい。
伊豆・三津シーパラダイスの写真
セイウチはまだ子ども。成獣にはない特別の可愛らしさだ。

TEL 055-943-2331
住所 静岡県沼津市内浦長浜3-1
URL http://www.seapara.jp/
開館時間 9時〜17時
休館日 なし
入館料 大人1900円、4歳〜中学生950円
交通
電車: 伊豆箱根鉄道駿豆線伊豆長岡駅から三津シーパラダイス行きバス約20分、終点下車すぐ。
車: 東名道沼津ICから国道136号線、伊豆中央道などで約40分
駐車場 あり

魚の目情報
外にあるプールは、ほとんどが海を仕切った天然プール。そのひとつに、キタオットセイがいて、まるで野生の姿を見ているようだ。よくショーに出ているアフリカオットセイとは顔つきが違う。


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。