旭川市旭山動物園<北海道の水族館WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
水族館に出かけよう
2007年の注目水族館
2005年の注目水族館
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
メディアで紹介した水族館

LINK
水族館調べにお役立ちのサイト



旭川市 旭山動物園
水族館より水族館な動物園

旭川市旭山動物園の写真
チューブにやってくるアザラシは見せ物ではなく、逆にヒトに謁見しにやってくるように感じる。ここに閉じこめられているのではなく、アザラシに自由があるからだ。

ご存知、新たな動物園の時代を切り拓いた動物園。水族館の手法をつかって、見事に動物の行動を展示している。
観覧フロアの天井から床に突き抜けた透明のチューブ、そこにゴマフアザラシがひょっこりと入ってきて周囲を見渡す。そんな不思議で夢のような水槽のことを、テレビなどでご覧になったことがあるだろう。
他にも、水中トンネルの回りを飛ぶように泳ぐペンギンの姿、ホッキョクグマが巨体をプールにダイブさせてみせる豪快な泳ぎの迫力と、旭山動物園の新しい施設は、今までの動物園の常識を超え、さらには水族館としても最先端を行っている。
この動物園には、動物園管理者の視点ではなく、動物の生活と観客の視点による展示理念がいきづいている。

姉妹サイト「ブログ水族館」での旭山動物園の記事と写真
旭山がプロジェクトXに

旭川市旭山動物園の写真
こちらはヒトがチューブの中。ペンギンはどこからともなく現れて去るから観客は気を抜けない。今までにないトンネルの使い方だ。
旭川市旭山動物園の写真
ホッキョクグマが泳ぐと観客は興奮する。水中でも膨らんでいる毛がすごい。

TEL 0166-36-1104
住所 北海道旭川市東旭川町倉沼
URL http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/
開館時間 9時30分〜17時15分(入園は閉園1時間前まで。11月3日〜4月9日は10時30分〜15時30分、入園は閉園30分前まで)
休館日 12月30日〜1月1日
入館料 大人(高校生以上)580円、中学生以下無料
交通
電車: JR旭川駅から旭山動物園行きバス約40分、終点下車すぐ。
車: 道央道旭川北ICから道道37号線を約15分。
駐車場 あり

魚の目情報
水族館や動物園は、事前の情報があるほど、より得した見方ができるが、今は旭川動物園の本なら何冊も出ていて、情報を得るには最高。動物園水族館で、全国どこの書店にも解説本が並んでいるところなど他にはないから、訪れるのならぜひ1冊読んでいかれることをオススメする。尚、他の水族館に関しては、やっぱり「決定版!!全国水族館ガイド」がオススメですね。


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。
amazonで買う 立ち読みする 中村元の全国水族館ガイド115