稚内市立ノシャップ寒流水族館<北海道の水族館WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
マイトリップ2016年6月
旅のランキング:中村元おすすめ!目的別「水族館ランキング」

LINK
にっぽんのマーケター2017年7月
マーケターの企み「中村元さん、水族館プロデューサー
文春オンライン2017年7月
中村元の『水族館哲学』から紹介します
モーニングショー「聞きトリ」2017年7月11日
水族館プロデューサー斬新アイデア
マリンガーデン、リニューアル物語(アニメ)



稚内市立 ノシャップ寒流水族館
日本最北端の水族館

稚内市立ノシャップ寒流水族館の写真
フウセンウオ。近ごろの北の海の人気者といえばとぼけたこの顔。北オホーツク海や日本海の宗谷北部に生息する。

日本最北端のまちの、日本最北端の水族館。それだけで訪れる価値があるが、名前も寒流水族館と、冷たい海を意識した打ち出し方に心がひかれる。近ごろ人気のフウセンウオの展示を開発した水族館でもあって、かわいい顔がたくさんいる。
見慣れたドーナツ水槽にも、見慣れない寒流系の魚たちばかり。ホッケやオヒョウが泳ぎ、ケムシカジカが身をくねらせるドーナツ水槽というのは、とても新鮮だ。
入って直ぐのゴマフアザラシのプールでは、ぜひ餌を買ってアザラシたちに与えて欲しい。まるでバスケットボールのゴール下の勢いでジャンプする。スゴイヤツは全身を空中に出すのだ。こんな元気なアザラシと会ったのは初めてだ。

姉妹サイト「ブログ水族館」でのノシャップ寒流水族館の記事と写真
ゴール下(アザラシのジャンプ)
フウセンウオ(カワイイ!)

オマケ情報!近くで野生のアザラシの群れ
抜海湾で野生のアザラシ

稚内市立ノシャップ寒流水族館の写真
アザラシのこんなすごいジャンプは見たことない!
稚内市立ノシャップ寒流水族館の写真
ハダカカメガイ(通称クリオネ)、この水族館のクリオネはよく太ってデカイ!

TEL 0162-23-6278
住所 北海道稚内市ノシャップ2-2-17
URL http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/sisetu/suizokukan/
開館時間 9時〜17時(11月〜4月下旬は10時〜16時)
休館日 12月1日〜1月31日、4月1日〜28日
入館料 大人400円、小人100円
交通
電車: JR稚内駅からノシャップ行きバス約15分、ノシャップ2丁目で下車徒歩5分。
車: 道央道士別剣淵ICから国道40号線でノシャップ岬へ約3時間20分。
駐車場 あり

魚の目情報
なんといっても、アザラシプールがすごい。エサを買って投げてあげると、バスケットのゴール下のような勢いでみんながジャンプする。自然界ではない風景だが、アザラシたちが自分で考えたエサを穫る方法だ。その適応力と身体能力にただただ感心。


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。