登別マリンパークニクス<北海道の水族館WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
マイトリップ2016年6月
旅のランキング:中村元おすすめ!目的別「水族館ランキング」

LINK
にっぽんのマーケター2017年7月
マーケターの企み「中村元さん、水族館プロデューサー
文春オンライン2017年7月
中村元の『水族館哲学』から紹介します
モーニングショー「聞きトリ」2017年7月11日
水族館プロデューサー斬新アイデア
マリンガーデン、リニューアル物語(アニメ)



登別マリンパークニクス
おとぎの国の水族館

登別マリンパーク ニクスの写真
オウサマペンギンのパレードのうしろに見えているお城が水族館ニクス城。

「北欧村」といった風情がとりわけユニーク。中心となっている建物は、堀まである大きな中世のお城「ニクス城」で、それがメインの水族館だった。お城だけあって、展示だけでなく雰囲気を重視してあり、他の水族館よりも少し暗く、内装にも凝っている。
まず大水槽の上をむき出しのエスカレーターで上る。青い光に包まれて眼下のエイやサメの影を見れば、気分はすっかりファンタジー。
ニクス城の両脇に、イルカショーとアシカショーを屋内で行える建物が設置され、ペンギン館からは、オウサマペンギンたちが、広場に散歩にやってくる。厳しい冬のある北海道にとって、屋内型のショー施設は必須だが、オウサマペンギンのパレードは、冬の雪が積もっている時の方が雰囲気があるだろう。

姉妹サイト「ブログ水族館」での登別マリンパーク ニクスの記事と写真
ジーベンロックナガクビガメ

登別マリンパーク ニクスの写真
冷たい海に住むサケビクニンは、可愛いユウレイのようで人気がある。
登別マリンパーク ニクスの写真
沈没船のディスプレイの中に、ノコギリエイがいた。

TEL 0143-83-3800
住所 北海道登別市登別東町1-22
URL http://www.nixe.co.jp/
開館時間 9時〜17時
休館日 なし
入館料 大人(中学生以上)2300円、小学生1150円、幼児(4歳以上)600円
交通
電車: JR登別駅から徒歩5分。
車: 道央道登別東ICから約5分。
駐車場 あり

魚の目情報
両生類・ハ虫類を展示するテラリウム「陸族館」が、イルカショーの隣にある。ミズオオトカゲの水槽がわりあい広く、泳いでいたらちょっとラッキーかも。


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。