葛西臨海水族園<東京都の水族館関東の水族館WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
マイトリップ2016年6月
旅のランキング:中村元おすすめ!目的別「水族館ランキング」

LINK
にっぽんのマーケター2017年7月
マーケターの企み「中村元さん、水族館プロデューサー
文春オンライン2017年7月
中村元の『水族館哲学』から紹介します
モーニングショー「聞きトリ」2017年7月11日
水族館プロデューサー斬新アイデア
マリンガーデン、リニューアル物語(アニメ)



東京都 葛西臨海水族園
水族館の王道を行く

葛西臨海水族園の写真
クロマグロは葛西水族園のロゴマークにもなっている。

海獣のいない巨大水族館。海獣の代わりに猛スピードで疾走するクロマグロが、この館のスター。金属色に鈍く光るマグロの巨体に、いただきますの念が湧けば立派な日本人だ。
徹底して7つの海を紹介しているが、無脊椎動物の多さには驚嘆する。特に、北極海の無脊椎動物たちに注目。いったいなにがなんだかわからないような不思議な生物のオンパレードだ。
見逃さないで欲しいのが、館外にある淡水生物館。ビオトープ化した池の展示に、本物としか思えない渓流の展示、これらの環境展示を観なければ、葛西臨海水族園の素晴らしさを知ったことにはならない。
葛西臨海水族園の写真
モントレー湾のジャイアントケルプが、生き物のように動いている。

姉妹サイト「ブログ水族館」での葛西臨海水族園の記事と写真
クロマグロは高くていい(10/3/15)
マイナス補正で幻想的に(08/10/10)
東京の海(08/10/01)
葛西の深海コーナー(08/09/24)
マグロの大きさを強調するには(08/09/19)
葛西の魚たち(08/2/4)
クロマグロ[葛西臨海水族園](07/1/26)
フンボルトペンギン大編隊(08/1/21)
涼な穴場(5):葛西臨海水族園の淡水生物館
ピロコロ(巨大フジツボ)

葛西臨海水族園の写真
淡水魚館の「渓流」この最高の癒し空間を見逃す人が多い。
葛西臨海水族園の写真
アカシュモクザメ。入ったとたんにサメたちのお出迎え

TEL 03-3869-5152
住所 東京都江戸川区臨海町6-2-3
URL http://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/
開館時間 9時30分〜17時(入館は閉館1時間前まで)
休館日 水曜(祝日、都民の日の場合は翌日)、12月29日〜1月1日
入館料 一般700円、中学生250円(都内在住・在学の中学生と小学生は無料)、65歳以上350円
交通
電車: JR葛西臨海公園駅下車(または地下鉄東西線葛西駅から葛西臨海公園駅前行きバス約15分終点下車)、徒歩5分。
車: 首都高湾岸線葛西出口から約5分。
駐車場 葛西臨海公園□Pを利用

魚の目情報
オープンしたばかりの頃、売店にはセンスのいい葛西限定のオリジナル商品がいっぱいあったのだが、最近ではどこにでもあるグッズに代わってきていてちょっと寂しい。今では、さとう俊氏作のボトルフィギュアがイチオシのオススメ。


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。